「オンビジ」新しい時代/これからの変化に対応する、リアルxリモートのマルチチャネル・オペレーション・アウトソーシング 「オンビジ」新しい時代/これからの変化に対応する、リアルxリモートのマルチチャネル・オペレーション・アウトソーシング
オンビジ
オンビジ
オンビジ
オンビジ
オンビジ
オンビジ
お問い合わせ

The Issue御社が直面する課題

見えない先行きへの適応見えない先行きへの適応
オンライン施策とオフライン施策を状況に合わせて適切に運用したい
変化への対応(ECメインの購買行動へ)変化への対応(ECメインの購買行動へ)
訴求力/クロージング力を落としたくない、高めたい、時代にマッチさせたい
時代に沿った新しい顧客開拓時代に沿った新しい顧客開拓
オンライン特性を活かした潜在ニーズ発掘からクロージングまでを効果的に行いたい
費用対効果の向上費用対効果の向上
集合研修や訪問サポート等の費用を見直したい
そんなビジネス上のお悩みを「オンビジ」が解決します。そんなビジネス上のお悩みを「オンビジ」が解決します。

Solutions and Featuresアイヴィジット『オンビジ』ソリューションの特徴

人間味のある
対面オンライン対応

人間味のある対面オンライン対応 人間味のある対面オンライン対応

デジタル時代だからこそ、機械的・淡泊にならないホスピタリティ溢れるオンライン対応を実現します。
その為、リアルチャネルの業務経験を活かしオンライン下でも
Face to Face 対応に徹底的にこだわり抜きます。

弊社では表情や商材といった視覚情報や双方向コミュニケーションが必要なシーンに特化したサービスを展開します。他のオンラインツールでは実現できない、人間味溢れる対応が、信頼関係や購買行動に繋がります。

リアル・オンライン
両チャネルのシームレス連携

リアル・オンライン両チャネルのシームレス連携 リアル・オンライン両チャネルのシームレス連携

双方のチャネルを独立した機能としてではなく、連動させることではじめて顧客満足に繋がります。
必要な時に必要な場所で最適な接点を持ち、場合によっては互いを補完し合う事で相乗効果を生み出します。

また、状況に合わせてオンライン施策とオフライン施策をバランスを取りながら実行したい場合にも、状況に合わせたウェイトでの双方運用が可能です。

現場だからこそ分かる肌感覚、オンラインだからこそキャッチアップ出来るニーズ、また双方に通ずるコミュニケーション手法。お客様ステータスに合わせた最適なチャネルの誘導。双方を運用するからこそ、シームレスな対応を実現できます。

to Bサービスへの応用

to Bサービスへの応用 to Bサービスへの応用

エンドユーザーだけでなく、関係会社とのリレーション構築にもコミュニケーションは必要です。
弊社はオンライン/オフライン双方の切り口で、関係会社や販売店等へ最適なアプローチを行います。

訪問してサポートしていたが、対応時間よりも移動時間の方が長い。販売店や代理店への定期的な講習の為に、定期的に集まっていたor訪問していた。などのケースで、オンラインを組み合わせる事でより効率的な対応が可能となり、接触頻度を高める事でより強固なリレーション構築に繋がります。

ソリューションを支える
アイヴィジットのサービス基盤・体制

フルオーダーメイド対応
フルオーダーメイド対応 フルオーダーメイド対応

「サービス」「商材」「顧客属性」「関係会社とのリレーション度合」等、お客様企業によって課題になるポイントは様々です。その為、弊社は課題に合わせて必要なサービスをオーダーメイド・最適化して運用を行います。

確かなコミュニケーションスキルと
オンライン対応専門チーム
確かなコミュニケーションスキルとオンライン対応専門チーム 確かなコミュニケーションスキルとオンライン対応専門チーム

弊社は「お客様企業」「関係会社」「エンドユーザー」等を結び付ける、コミュニケーションアウトソーサーとしての知見を蓄積してきました。
その知見を踏まえ、限定された環境であるオンライン環境下で最大限のコミュニケーション成果を上げる為、オンライン対応専門チームを中心に、ニーズに合った最適な運用手法を日々研究しており、その結果を実践します。

Use Caseご相談例:メーカー様

Use Case Use Case

【 お問い合わせの背景 】

感染症の流行で、販売店からECへ購買チャネルの移行が加速したが、商品特性上対面接客は行いたい。
ショールームは人数制限(完全予約制に移行)せざるを得なかった。

DX時代に対し、今後の接客チャネルの有り方を検討していきたい。

課題 課題

ソリューション

従来型の既存チャネルを継続しつつ、下記3つの施策を実施。

リモートコンシェルジェサービス リモートコンシェルジェサービス
リモートコンシェルジェ
サービス

ECサイトやオウンドメディア上に、リモート対面接客窓口を設置。
リアルチャネルと同様に「状況確認(ニーズ把握)」「商品説明」「商品/他社比較」を1対1、若しくはご家族に対して、ご説明。自宅にいながら実施出来る為、ユーザーが認識していなかった情報の確認もその場で行え、接客効果を高めます。

オンライン勉強会(教室) オンライン勉強会(教室)
オンライン勉強会
(教室)

イベント開催等に制限がかかる中、集客・興味付け、顧客リテラシーの向上、販促活動に替わる施策として実行。
その場でECやオウンドメディア、若しくはリモートコンシェルジェに誘導し、クロージング率を高めます。

ショールームにおけるオンライン(ライブ)接客 ショールームにおけるオンライン(ライブ)接客
ショールームにおける
オンライン(ライブ)接客

ショールームを完全予約制で対応する為、予約待ちが2~3ヵ月発生。
予約なしでも対応する為、店舗内にオンライン接客用の端末を設置。
実物を見ながら、端末からライブ接客を受けれるサービスを開始し、より多くの顧客に訴求を行います。

見込まれる効果

【売上向上】
顧客が商品価値を吟味出来ないまま、購買活動をしていた若しくは購買を見送っていたケースに対し、商品訴求を気軽に行えるチャネルを開設する事で、リアル店舗接客の代わりとなり、EC購買数が更に増加。
また、リアル店舗接客と同時に行う事で、送客や接客ノウハウを共有化出来、より効果的な運用を実現します。

【新規顧客獲得】
既に検討、実行していたデジタルコンテンツの発信に加え、一般的な有効知識の付与を名目としたオンライン勉強会を実施する事で、潜在顧客発掘に繋がります。
また、オンラインコンシェルジェとの連携により、ニーズが顕在化した場合のクロージング強化となり、まさにデジタル時代のコンテンツ作りを実現します。

【コスト圧縮】
単純なショールームにおける訴求数の向上だけでなく、接客人員の集約対応ができることで人員配置の最適化が図れ、
コストダウンにも繋がります。もちろん、販売店への導入も可能です。

【 その他のサービス 】

上記以外にも「オンラインカスタマーサポート」「ラウンダーの効率化」「加盟店/代理店フォローの効率化」等、
問題点、課題、興味等がございましたら、お気軽にお問合せください。

Contact

お客様の課題・業態に合わせて、オーダーメイドでソリューションを構築します。
まずは、お気軽にお問い合わせください!

ご相談、ご依頼は、下記フォームよりお問い合わせください。
内容確認後、担当者よりご連絡させていただきます。

*印は必須入力項目です

お問い合わせの種類 *
ご担当者様 氏名 *
会社名 *
電話番号 *
携帯電話番号
メールアドレス *
メールアドレス(確認用) *
このサービスをどのようにしてお知りになりましたか? *
お問い合わせ内容 *

個人情報の取り扱いについて

◆お問い合わせにおいての個人情報の取り扱いについて

◇事業者内部の個人情報に関する管理者と問合せ窓口

[事業者の名称]
株式会社アイヴィジット

[個人情報の管理責任者]

コーポレートサービス本部 本部長

TEL: 03-3377-3800  Email: privacy@ivisit.co.jp

[お問合せ窓口]

株式会社アイヴィジット 苦情・相談窓口(コーポレートサービス本部総務室)

電話:03-3377-3800(受付時間:平日のみ10時~17時)

E-mail: privacy@ivisit.co.jp

◇お問い合わせにおいての個人情報の利用目的
当サイトで入力していただきました、お客様のお名前、E-mailアドレス、電話番号等の個人情報は、下記の利用目的のために利用し、目的外利用いたしません。
・オーダー、お問合せへの回答やご連絡及び資料のご送付のため

◇個人情報の開示・提供に関して

当社は、ご本人様より同意をいただいた場合、委託をする場合、法令で認められる場合を除き、取得した目的に合致するご本人様以外の第三者に対しデータの開示・提供することはいたしません。

◇個人情報の外部委託について
当社は、取得した個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合があります。この場合には、個人情報の安全管理のために適切な措置を講じること等を内容とする選定基準を定め、これに基づいて委託先を選定し、必要かつ適切な監督を行います。
◇個人情報提出の任意性について
当社への、個人情報提出に関しては皆様の任意となります。
但し、全部または一部の個人情報の提出にご同意いただけない場合、当社からのご連絡及び資料のご送付に支障を来たす場合があることを、予めご了承願います。

◇個人情報の開示等の請求

ご本人様に関する個人情報の(1)利用目的の通知、(2)開示、(3)訂正、追加又は削除、(4)利用の停止、消去及び第三者への提供の停止の申し出については、当社の定める開示等の手続き
https://www.ivisit.co.jp/privacy/procedure.html)に基づくこと、また(1)及び(2)の手続きに関わる手数料実費を徴収させていただくことをご了承いただいた上で、可能な限り合理的な期間内に対応させていただきます。

ただし当社の業務遂行に重大な支障をきたす場合や第三者の権利を害する場合については対応し兼ねる場合があります。

◇クッキー(Cookie)等の取り扱いについて

お問い合わせに伴う個人情報の入力において、Cookie等を利用し個人情報を取得する事は、ございません。