産業医・産業保健機能について

産業医とは

従業員の健康管理等について、産業医学の専門的な立場から、指導・助言を行う医師を指します。50人以上の事業場において、産業医選任が義務付けられています。

産業医の業務

面談

健康相談 / 復職面談 / 長時間残業 / ストレスチェック後の面接

面談の例

  • 健康(こころ・からだ)に関する相談
  • 休職後の主治医による「就業可」決定後の復職面談
  • 長時間残業者(80h~)の疲労蓄積に関する面談
  • 限度時間を超えて労働する労働者に対する健康確保措置に
  • ついて(36協定)⇒3か月の残業時間が平均70h~80h未満
  • ストレスチェック受検後、高ストレスによる面談

守秘義務

健康情報はプライバシーに配慮します。産業医指示のもと、必要な場合は、結果報告について最低限必要な範囲にお知らせします

面談・就業措置

面談後、産業医が報告書を作成し、必要な場合は会社が就業措置の決定を行います。(残業制限、業務の軽減等)

健康診断

健康診断事後措置・保健指導等

健康診断結果を産業医が確認し、有所見者(要検査、要精密検査、要医療)に対し、受診勧奨を行います。また、必要に応じて産業医または保健師が健康・生活に関する面談を実施します。

衛生委員会

衛生委員会の出席

産業医は衛生委員会の構成員です。(可能な限り産業医が出席したほうが望ましいですが、必須ではありません)衛生委員会では、健康・衛生面についての衛生・健康教育を行います。

職場巡視

執務室(作業場)の巡視

執務室(作業場)を巡視し、作業方法や衛生状態が健康に影響しないか点検します。

  • キャビネット等の転倒防止対策
  • 避難通路の確保(緊急時人が通れる状態か)
  • 快適な温度、湿度が保たれているか
  • 受動喫煙対策がなされているか
産業医は安全に配慮し快適な職場環境に取り組む医師です